セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » 季節の変わり目の「うつ」症状 – 気分の浮き沈みの対処法

季節の変わり目の「うつ」症状 – 気分の浮き沈みの対処法

読了までの目安時間:約 4分

季節の変わり目になると、どうも気分が沈む。憂うつな気分になったり、イライラや不安を感じるという方がいます。

 

この症状を感じやすいのは、秋から冬にかけてです。

実は、この症状には名前があります。それは、「冬季うつ病」です。

 

「うつ」と聞くと、本格的なうつ病を想像するかもしれません。しかし、冬季うつの場合は、いわゆる神経症としての、本格的な「うつ病」よりも程度の軽い場合も多いようです。

例えば、気分が沈みがちになる。体が異様にだるい。激しい眠気に1日中襲われる。こうした症状も、冬季うつのひとつの症状です。

 

不安

 

季節の変化で気分が落ち込む理由

 

冬季うつ病のメカニズムは、はっきりとしたものです。原因には明確な理由があります。少し簡単に説明しておきます。
人の気分の浮き沈みには、脳の中にあるホルモン物質「セロトニン」が関係しています。このセロトニンは、通称「幸せホルモン」などと呼ばれていますが、その役割のひとつに、「感情を適度に保つ」というものがあります。

 

脳の中には、心地よい感情を作り出すドパミン神経。怒りの感情を作り出すノルアドレナリン神経と呼ばれる神経があります。この2つの神経を抑制し、調整しているのがセロトニン神経の役割です。

そのため、うつ病や神経症は、セロトニン神経が作り出す神経伝達物質「セロトニン」が不足すると、引き起こされやすくなると言われているのです。

 

それで、季節の変化とセロトニンがどう関係するの?という話ですが、セロトニンの分泌は太陽の光に左右されます。セロトニン神経は、目の奥にある視床下部という場所に、光による刺激を与えると反応します。

ですから、朝の光・日中の光はセロトニンの分泌を促します。

 

季節の変わり目、夏から秋〜冬へと移行すると、太陽の日照時間が短くなります。そのため、光によって生成されるべきセロトニンの分泌が一気に減少してしまうのです。

もちろん、それに加えて寒さによる体調への負荷も関係することがあるでしょう。しかし、セロトニンの減少は神経には特にこたえます。冬にうつ症状を発症する人が多いというのも納得できる話です。

 

日照時間が短い国では

ところで、光の日照時間が短い北欧の国では、やはりと言うか、うつ病や睡眠障害に悩む人の割合が、他国に比べて非常に多いそうです。

考えてみれば、日照時間が比較的多く、暖かい国では陽気な人が多いですね。

 

もし、季節の変わり目に憂うつ感で悩んでいるという方は、なるべく朝早くから太陽の光を浴びることが大切です。光が当たりにくいという方は、うつ病の治療に使われる「高照度光療法」の照明を朝からしっかりと浴びてみるのも良いでしょう。こうした治療法は、専門の心療内科、精神科などでも受けることができるはずです。

 

光が気分を左右するという事実に、初めのうちは驚かれるかもしれません。
朝から日中にかけては、しっかりと明るい光を浴びるように心がけましょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら