セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニン不足 » キレやすい脳と、セロトニン不足

キレやすい脳と、セロトニン不足

読了までの目安時間:約 6分

「キレやすい脳」を作る、セロトニン不足

 

 

すぐに頭に血が登る。

いわゆる「キレやすい」人の脳と、セロトニンと呼ばれる脳内物質が関係している、と聞いても、あまりピンとこないと思います。

 

 

キレやすい脳

 

 

しかし、今から10年以上も前に発売された書籍、
セロトニン欠乏脳 —キレる脳・鬱の脳をきたえ直す- 有田秀穂著

という本では、うつ病やキレやす人の脳と、セロトニン不足の関係。そして、予防と対策について、とても詳しく述べられています。

 

そもそも、セロトニンとは?セロトニン神経とは?人の脳においてどのような役割を果たすのでしょうか。

 

そして、なぜキレる脳不安やイライラをコントロールする働きに直結するのか。
この本の中では、セロトニン神経の役割にについて、次のように述べられています。

 

ちょうど、オーケストラの指揮者のように、タクトを振ると、各パートの演奏者がそれぞれの楽曲を奏で、曲全体の雰囲気を作るのに似ています。
セロトニン神経は指揮者として脳全体の雰囲気を作り出します。具体的には、セロトニン神経は意識レベルや元気の状態などを演出する働きをします。

 

「セロトニン欠乏脳 —キレる脳・鬱の脳をきたえ直す-」 より

 

このように、少し抽象的ですが、セロトニン神経の役割について、分かりやすい表現で書かれています。

 

セロトニン神経は、脳のちょうど真ん中辺りに位置する神経です。

セロトニン神経が、セロトニンという脳内物質を作り出し、様々な神経に情報を伝達するのです。

 

不安な感情緊張や興奮。もちろん、喜びや怒りなど、感情の起伏を抑制するのにも、セロトニンは影響を与えます。

 

そして「キレる」という感情の状態を抑制する事も、セロトニン神経がしっかり機能していれば、正常に行われるはずです。

セロトニン神経が弱っている状態。機能していない状態では、感情をうまくコントロールできずに、「キレやすい」脳の状態が生まれても、何ら不思議な事ではありません。

 

 

セロトニン不足を助長する世の中

 

書籍の中では、セロトニンが不足することで、こうした「キレやすい脳」が出来る事が分かりやすく述べられています。
特に、現代ならではの生活環境が、こうしたセロトニン不足を作り出す傾向にあることについても詳しく触れられています。

 

セロトニンは、継続的な運動や、朝日を浴びる、人と触れ合う事。こうした基本的な生活習慣が出来ていれば、セロトニン神経が鍛えられ、正常に分泌されるものです。
しかし、現代社会はこれとは真逆の生活環境にあるとも言えます。

 

 

昼夜逆転の生活

 

特に気をつけなければならないことの1つに、ついつい陥ってしまいがちな夜型の生活でしょう。
残業や、テレビやハイテク機器の発達は、当たり前のように夜型の生活を身につけてしまいます。
しかし、早起きをして朝の光を浴びる事は、セロトニン神経を鍛え、結果的にはキレやすい脳を正常に戻してくれます。

規則正しい生活は、セロトニンを増やし、うつ病や不安定な心を打ち消す為に、とても大切な事なのです。

 

 

パソコンやスマホ、やり過ぎは危険

 

ゲーム脳、という言葉があります。

身体を動かさずに、ゲームやパソコンに熱中することで、バーチャルな世界に入り込んでしまう

これも、キレやすい脳、セロトニン不足を引き起こす原因です。

 

最近では、スマホのブームがこれに拍車をかけます。特に、夜中までこうした事に熱中する事は、大変危険です。

 

特に子供の場合は更に注意が必要です。

自分をコントロールできない上に、現実とバーチャルの境目がつかなくなる可能性があるためです。
キレやすい脳。思いもよらないトラブルを作り出す、とても好都合な環境と言えるでしょう。

 

 

生活習慣を変えれば、人生も変わる

 

ここまで書いた事でも、なんとなくお分かりいただけたと思います。

実は、単純に生活習慣を見直す事で、キレやすい脳。うつ病の脳を予防する事ができるという事です。
不健康な精神は、不健康な生活から生み出されるという事でしょうか。

朝日をしっかり浴びることや、継続的な運動を始める事は、すぐにでも始められる事です。
ただし、慣れていない方にとっては、実際にやってみると分かるのですが、大変な苦痛を伴う事です。
私自身、大変な苦痛を味わっているところですので、これだけは確かです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら