セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 緊張すると頭痛がする?原因と対策

緊張すると頭痛がする?原因と対策

読了までの目安時間:約 4分

極度の緊張感、または、軽い緊張でも長く継続して続いていると、頭痛を引き起こすという場合があります。

緊張と頭痛には、一見すると何の関係も無さそうだと考えてしまいそうですが、実はそうではありません。

 

緊張すると頭痛がする原因

 

緊張は人間にとって、強いストレスを生じさせます。ストレスは、自律神経失調症に代表される、様々な体の不調をもたらします。自律神経失調症は、心拍や体温、血流など、体のほとんどの器官に影響を与えます。

 

ストレス(緊張)が頭痛の原因となるのは、主に筋肉の強張り血流の悪化が原因です。実際に、緊張をしている間は、自分でも気がづかないくらい、体の筋肉に力が入っています。

首から肩にかけての血流が悪化し、筋肉の凝りが激しくなることによって、頭痛が引き起こされているのです。この事が、緊張型頭痛と呼ばれています。

 

頭痛の原因

自律神経失調症は、頭痛以外にも、腹部の違和感体のだるさ全身の疲労や、筋肉の凝りなどの症状が生じる事があります。

 

緊張型頭痛の対策

こうした、緊張型頭痛の対策として有効なのが、肩の凝りを解す運動です。肩から首にかけてを、しっかり解すようにストレッチをすると、血流が良くなり、頭痛が起きにくくなります。

熱いお風呂で、首から肩にかけてしっかり温め、マッサージをする事もおすすめです。日常的に、首や肩の凝りを感じているという場合は、緊張型頭痛の可能性が高いですので、毎日ストレッチやマッサージを続けると良いでしょう。

整体師に頼んで、首や肩の周りの凝りを取り除いて貰うこともおすすめできます。

 

根本的な対策方法は

日常的にストレスを感じやすいという方は、可能であれば毎日20〜30分ほどの運動を心掛ける事をおすすめします。

ストレスを溜め続けると、自律神経失調症などの病を引き起こし、常に体のどこかしらに違和感や痛みを感じるような体質を作り出してしまうからです。

 

普段から、仕事終わりに運動をするだけでも、ストレスの軽減を効果的に図る事ができます。可能な限り、毎日運動をする事です。また、ストレスは食生活を改める事で、ある程度改善させる事ができるという事も分かっています。

 

特に、抗ストレス作用があるとされているのが、神経伝達物質であるセロトニンと呼ばれる脳内物質です。

 

矢印2 ストレスは、セロトニン不足が原因?

 

普段の食生活をバランスよく保つ事によって、セロトニンの材料となる必須アミノ酸、「トリプトファン」を体内に取り入れる事ができます。

 

矢印2 セロトニンを増やす食品 – ストレスに負けない

 

もちろん、頭痛がし始めた時に、市販の頭痛薬を服用することで、ある程度頭痛を解消する事もできます。しかし、頭痛がする度に毎回薬に頼っていては、いつまで経っても根本的な治療には結びつきません。

 

薬に頼らずに、根本的に緊張型頭痛を治す方法を、是非試してみて欲しいと思います。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら