セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病症状 » 緊張や不安を打ち消す、セロトニンとは

緊張や不安を打ち消す、セロトニンとは

読了までの目安時間:約 5分

緊張、不安な気持ちを打ち消すために

 

緊張しやすい人、不安を感じやすい人の脳は、セロトニンが不足している、というふうに言われています。

以前に、あがり症パニック障害についての記事も書きました。緊張を感じやすいという人も、これらと同じ様に、脳のある神経が深く関係しています。

 

セロトニンは、この神経に深く関わり、緊張感を抑える為に重要な役割を果たしているのです。

 

人前に出ると緊張してしまう。スピーチや、試験、異性との会話など、ここぞという時に緊張してしまう。という方は、セロトニンを増やす為の方法を取り入れてみると、改善に繋がるかもしれません。

 

 

不安や緊張を感じさせる神経

 

不安や緊張を生じさせる、ある神経というのが、脳の中の「ノルアドレナリン神経」と呼ばれる部分です。
ノルアドレナリン神経は、緊張にも深く関係のある、闘争や危機回避の神経とも言われている部分です。

 

人は、危険を感じると瞬時に鼓動が早くなったり、手に汗を掻いたりします。これらは、ノルアドレナリン神経によって、反射的に危機を回避す為の本能が働く為です。

 

この、逃避の為の本能は、人間が生きる為には必要不可欠な事です。

 

例えば、見ず知らずの人が突然話しかけて来ると、あなたはどのように反応するでしょうか?
全身が一瞬「ビクッ」と動き、目を見開いて瞬時に相手が何者であるのかを判断します。
鼓動は早くなり、自然と筋肉に力が入るのではないでしょうか。

 

これらの素早い身体の反応は、万が一、危機的な状況が発生した時に、すぐに逃げられるように。または、すぐに戦えるように、本能的に身体が準備をしているのです。

 

 

感情をコントロールする、セロトニン

 

こうした緊張を感じる程度は、人によって差があります。

 

人と接する事に、過度に恐れや、不安、緊張を感じてしまうという人もいます。
または、これとは真逆で、知らない人に話しかけられてもほとんど緊張せず、堂々としている人もいます。
なぜ、同じ人間によってこうも違いがあるのでしょうか。

 

セロトニンは、ノルアドレリン神経による、過度の緊張や不安を抑制する働きがあると考えられています。

 

過度な緊張や不安は、うつ病やパニック障害と同様に、ノルアドレナリン神経が過度に反応しすぎている事が考えられます。

もちろん生まれつきの遺伝的な性格も大きく関係している事も充分に考えられます。
実際に、セロトニンを運搬する為の「セロトニントランスポーター」の形状は遺伝的に差があるとされています。

このセロトニントランスポーターの形状の差によって、不安や緊張感の感じ方に差が出てくるのです。

 

ところで、日本人の場合は、このセロトニントランスポーターが「不安型」と呼ばれる形状の方が多いようです。

つまり、日本人は気質的に不安や緊張を感じる人の割合が多いと考えられているのです。

 

遺伝と聞くと、もう治す事はできないのではないか。というふうに考えられるかもしれませんが、必ずしもそんな事はありません。

過度な緊張や不安は、訓練によってある程度鍛えられる事も分かっています。
その1つが、セロトニン神経を鍛える方法です。

 

 

普段の生活でできる事

 

セロトニン神経を鍛えるということは、直接的に脳のセロトニンを増やす事に繋がります。

 

 

緊張や不安を打ち消す為に、セロトニン神経を鍛えるという事は、うつ病やストレスの予防としても非常に大切な事です。

セロトニン神経を鍛える為には、普段から朝日を浴びる事や、呼吸法、継続的にリズムを意識した運動法を行う、といった方法が有効と言われています。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら