セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » 緊張をしない、集中力を高めるセロトニン効果とは?

緊張をしない、集中力を高めるセロトニン効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

セロトニンで、緊張を抑え、集中力を作り出す

 

緊張しない_集中力を高める

 

 

あるバラエティ番組で、脳のセロトニン濃度が高まると、緊張しにくくなる、という効果が特集されていました。

 

誰にでも、極度の緊張を強いられる瞬間はあるはずです。
特に、社会人になると大勢の前でのスピーチや、失敗出来ないプレゼンテーション。運動選手なら、大切な試合はどれだけ緊張感を抑え、集中出来るかが試合の結果を左右するでしょう。

 

そんな時は、セロトニン神経を活性化させ、集中力を高める事がとても重要です。セロトニン神経が活性化する事で、脳は覚醒し、集中力を高める事ができます。

 

リズム運動で、短期間で効果を得る

では、セロトニン神経を活性化させ、集中力を高める為には、どのような事を心掛ければ良いのでしょうか。脳のセロトニン濃度を短時間で高め、集中力を発揮するのにオススメの方法は、リズム運動と呼ばれる運動法です。

 

セロトニン研究の第一人者である、有田秀穂博士が、著書の中で繰り返し進めている方法です。
簡単に言えば、何も考えずに、リズムを意識した運動を、意識を集中して行うことです。

 

例えば踏み台昇降などの運動は、とても分かりやすいリズム運動です。運動を行う時は、なるべく何も考えずに意識を集中し、ひたすら「 1、2、1、2..」と、呼吸に合わせてリズムを刻んでいきます。

 

 

実験では、単純な踏み台昇降を20〜30分繰り返しているだけで、脳のセロトニン濃度が飛躍的に上昇しています。

ウォーキングやランニングでも、リズムを意識する事を心掛ければ、同様の効果が得られます。

 

手軽に行える、セロトニン活性法

とは言っても、大切なスピーチや職場で、踏み台昇降やランニングを行う訳にはいきません。

 

そこで、もっと簡単にセロトニン神経を活性化させる方法が、ガムを噛む事です。スポーツ選手でも、大切な試合の時にガムを噛みながら試合に望んでいる事がよくあります。

サッカーや野球などでも、よく目にする事と思います。

 

 

噛むという行為自体、脳に刺激を与え、セロトニン神経を活性化させる事が認められています。

ここでも、ただガムを噛むだけではなく、なるべくリズム良く、一定の感覚で噛む事で、セロトニンの活性化を効率的に行う事ができます。

 

たった5分間ガムを噛むだけでも、セロトニン神経の活性化が確認されています。

集中したい時の直前にガムを噛む事は、効果的だと言う事が分かります。

 

穏やかな心を手に入れる

ところで、なぜセロトニン神経の活性化が、緊張感や不安の解消、集中力の向上に効果があるのでしょうか。
それは、セロトニンが分泌される事で、不安やイライラする気持ちの元となる、ノルアドレナリン神経の興奮を抑制してくれるからです。

 

セロトニン神経が活性化され、脳のセロトニン濃度が高くなる事で、緊張感や不安な感情を適度に抑制してくれ、穏やかな平常心を手に入れる事ができるのです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら