セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » 気持ちを安定させる、セロトニンの効果

気持ちを安定させる、セロトニンの効果

読了までの目安時間:約 4分

心(気持ち)を安定させる、セロトニン

 

 

気持ち_安定

 

脳の幸福物質と言われる、神経伝達物質『セロトニン』。
以前、NHKのある健康番組で、脳のセロトニン濃度が増えると緊張しにくくなる、という事が検証されていました。

セロトニンについての書籍を読んでみると、脳のセロトニンがしっかり保たれている人には、ある好ましい特徴が挙げられています。

まとめてみると、以下のようになります。

  • 普段の生活や、仕事でもイキイキとしている。
  • 気持ちが安定していて、不安やイライラすることが少ない。
  • 朝からすっきりと目覚め、活動的。
  • 睡眠や生活習慣に規則正しい生活を送っている。
読んでみると、少し抽象的に聞こえるかもしれません。しかし、セロトニンと心の安定には、とても密接な繋がりがあります。

うつ病や不安神経症、パニック障害など、心の病にも、脳のセロトニン不足が原因の1つとして考えられています。

 

不安やストレスを解消する、セロトニン

うつ病などの心の病で、精神科や診療内科に処方される薬に、SSRIと呼ばれる効うつ剤があります。
心の病によく効くとして、処方される薬です。この薬を使えば、脳のセロトニン濃度を一時的に挙増やす事ができます。

 

しかし、副作用や依存症の事を考えると、やはりこうした薬に頼りたくないというのが、誰しもの本音なのではないでしょうか。

 

また、うつ病などの深刻な症状ではなくても、もっとイキイキと生活し、日中の活力を増やしたい。心を安定させて、不安やストレスを感じずに、仕事や毎日の生活を送りたいという方も多いと思います。

不安やストレスで、社会生活を過ごす事さえ困難、、という方でも無い限り、薬や病院に気軽に頼ることは、あまりおすすめできません。

 

セロトニンを増やすために、普段の生活で出来る事は沢山あるので、まずはできる事から始めてみると良いでしょう。

 

セロトニン神経を活性化させる、手軽な方法とは

セロトニンは、脳のセロトニン神経という場所から分泌される、神経伝達物質です。
近年、セロトニン神経の活性化に、腹式呼吸、座禅や瞑想などが効果的という事がよく言われていますが、実践しようとすると中々ハードルが高いのが現実です。

 

もちろん、座禅や瞑想を普段の生活に取り入れられるという方は、積極的にこうした努力を行うと良いと思います。

 

しかし、そうでない方は、まず以下の4つを継続して行うと良いでしょう。

 

  1. 朝起きたら、すぐに朝日を浴びる。
  2. 毎日継続的な運動を、20〜30分行う。
  3. なるべく決まった時間に就寝し、早起きを心掛ける。
  4. 人とリラックスして触れ合う時間を持つようにする。

 

こうして文章にして書くと、そんなに難しいことでは無さそうに見えますが、実際にやってみると、継続する事が、とても難しいのが現実です。
しかし、何も変えようとしなければ、人間はどうしても不規則で怠惰な生活に陥りがちです。
普段から上に書いた4つの事を心掛けておくと、3ヶ月もすれば効果を実感出来るようになるはずです。

 

運動の内容は、ウォーキングなどの簡単なものでも、充分に効果が実感出来ます。

なるべく呼吸のリズムを一定に保つようにすることで、セロトニン神経の刺激に、より効果的です。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら