セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 誰にでもある「気分が沈む」時の対策方法

誰にでもある「気分が沈む」時の対策方法

読了までの目安時間:約 5分

どんなに自分らしく生きていたとしても、気分が沈むような出来事は誰にだって必ず起きます。他人との衝突や悪い出来事というのは、誰にでも公平に襲ってくるものですし、避けようと思ってもなかなか避けられる事ではありません。

 

問題は、そうした出来事が起きた時に、すぐに立ち直れるか?どれだけ平常心でいられるか?という事に尽きると思います。

 

ストレス

 

気分が沈んだ時の対策方法

 

心の問題は、簡単に理解できるほど単純ではありません。それでも、既に起こってしまったことや、過ぎてしまった問題、自分の欠点についてなど考えてしまう事は禁物です。考えても答えは出ませんし、結局「自分が悪いからだ」と余計に落ち込む事は目に見えています。

 

不安感や恐怖、自責の念(自分が悪いという考え)は、落ち込んでいる時に一番考えてはいけないことなのです。

 

マイナスの感情が働いてしまう理由

そうは言っても、自分では考えたくもないのにマイナスの感情に突き動かされてしまい、どうしても悪い方に考えてしまうという場合はどうでしょう。

 

多くの人が、「これは私の性格だから、もう変えられない」と考えていると思います。確かに、遺伝によってマイナス思考やプラス思考はある程度決まっているという科学的な根拠はあります。

 

矢印2 幸せを感じる遺伝子は変えられる?

 

しかし、「気分が沈みやすい」性格の原因として、遺伝が関係しているのは、ごく僅かです。また、「性格は変えられない」という思い込みは、非常に危険です。

事実、普段の生活や習慣、心がけを変えるだけで「落ち込みにくい」快活な性格に変わったという人は、いくらでも存在しています。

「変えられる」と信じているか、最初から諦めているかでは、その後の結果に大きな差が出てしまいます

 

「気分が沈まない体質」を作るには

気分が沈みがちな時に、普段はしないくらいの量の運動をして汗を流したり、太陽の下で身体を動かす活動をしていると、気分がすっきりしたという経験はありませんか?

 

実は、こうした「気分の高揚」は、精神医学的にも説明がつきます。それは、「セロトニン神経」と呼ばれる神経の活性化です。セロトニン神経は、脳の中に存在している神経です。

この神経から分泌される脳内物質「セロトニン」の分泌濃度が増える事によって、マイナスの感情が抑制され、感情のコントロールを行うことが容易になるのです。

 

矢印2 ストレスは、セロトニン不足が原因?

 

セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やすには、先ほど述べたように「身体を動かす活動」は大変効果的です。特にリズム感のある運動は、セロトニン神経を活性化させる効果がはっきりと実証されています。

その他にも、以下のような方法がセロトニンの活性化に効果があると考えられています。

 

  • 1日20〜30分の継続的な運動を心がける。
  • 朝起きたら、まずは太陽の光を浴びる事。
  • バランスの良い朝食を、毎日しっかりと摂る事。
  • ストレスを溜めない生活を心掛ける。
 

持続的なストレスは、セロトニン神経を弱らせてしまい、更に沈みがちな性格を作り出してしまいます。毎日の運動は、セロトニン神経を活性化させるだけではなく、ストレスを発散させるためにも大変効果的です。

 

また、バランスの良い食生活を送る事も、セロトニン神経を強く保つ為には重要です。セロトニンを分泌させる為には、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸が必要となります。トリプトファンは、普段私たちが口にする食べ物にも含まれている物質です。

毎日、バランスの良い食事を心がけていれば、トリプトファンが不足することはあまり心配ないでしょう。

 

矢印2 セロトニンを増やす食品 – ストレスに負けない

 

このように書くと、身体を健康に保てば、沈みがちな感情を防ぐことができると思われそうです。そして、それはある意味では正解です。

それは、神経が健全であれば、感情のコントロールはある程度容易になるからです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら