セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » 「気分が沈む症状」には漢方が効果的?病院で治らない症状

「気分が沈む症状」には漢方が効果的?病院で治らない症状

読了までの目安時間:約 4分

これまでは、あまり気にならなかったようなことで気分が落ち込んだり、感傷的になってしまうことがあります。
それに伴って、ひどい肩凝り体のだるさ、または、動悸めまいなど、体に異常を感じる。このような症状に悩む方がいます。特に、中高年の女性にはよく見られる症状で、ホルモンバランスや生理不順が影響しているとも言われることもあります。

 

しかし、こうした症状をよく調べてみると、女性に限らず、また多くの世代に似たような症状が蔓延しているということがあります。
現代では、このような症状のことを、広く「自立神経失調症」と呼んでいます。

 

自立神経とは、体の機能を自動的に運転する、自動運転装置と考えると良いでしょう。たとえば、呼吸や心拍数、体温や血圧から、筋肉、網膜に至るまでです。
私たちがいちいち意識しなくも、自律神経が正常に機能しているおかげで、こうした器官が常に程よい状態を保つことができているのです。

 

悩み事や不安、プレッシャー、怒り、悲しみといった「ストレス」は、この自律神経の働きを狂わせてしまいます。さらに、自律神経失調症の状態に陥ると、その症状の特性上、余計にストレスが溜め込まれ、症状が悪化します。
これを放っておくと、うつ状態が助長され、本格的にうつ病へと発展するのです。

 

ストレス

 

気分が沈む症状には「漢方」?

 

実は、こうした症状には漢方などの薬の相性が良いという人もいます。
根本的な原因はストレスにありますから、治療の根本は、薬よりも環境や生活習慣を変えることです。これを、現代主流のいわゆる西洋医学の治療法に当てはめると、精神安定剤や抗うつ剤が処方されることになります。

 

しかし、ご存知のように、精神安定剤や抗うつ剤には大きな問題もあります。それは、薬への依存の問題。副作用の問題。症状が悪化してしまう問題です。服用した経験がある方なら、よく分かると思います。

これらの薬で行われる化学的な治療法は、症状の根幹を治療してくれるわけではないのです。確かに、一時的に気持ちが良くなり、救われたような気分になります。

しかし、薬が切れればまた元の状態に戻る。または、余計に症状が悪化してしまっている場合も多いのです。

 

漢方薬の特徴

漢方薬が万能であるというわけではありません。しかし、神経の状態を整える薬という意味では、漢方薬の方が歴史が長く、副作用や依存の危険性が少ないということは、疑う余地がありません。

 

東洋医学では、自律神経失調症の特徴的な症状である、イライラや、やる気が出ない不安などの症状を、「気の流れ」を良くすることによって、改善するとされています。これは、西洋医学とは全く異なる概念です。
いくら西洋医学に頼っても状況が改善されないという方は、この東洋医学の概念に沿った治療をとり入れてみることをお勧めします。

 

漢方薬は、自律神経失調症の治療にはおすすめできる治療法です。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら