セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » 感情のコントロールができる人、できない人の違いとは?

感情のコントロールができる人、できない人の違いとは?

読了までの目安時間:約 4分

感情のコントロールでき、ストレスを減らせる

 

 

感情_コントロール

 

すぐに不安になったり、嫌になったり、雰囲気にのまれたり。。

特に、職場や学校などで他人と過ごしていると、感情をコントロールすることがとても難しくなってしまいます。その場の雰囲気や状況に飲まれてしまい、本来の自分らしく振る舞ったり、明るく振る舞う事が難しくなるのです。

 

それでは、どのようにすれば自分の感情をコントロールして、ストレスやその場の雰囲気に負けずに、気持ちを切り替える事ができるのでしょうか。

 

セロトニンが、心を安定させる?

そのヒントになるかもしれないのが、脳の中にある、セロトニンと言われる物質です。

セロトニンは、一般的にも幸せホルモン、と言われ、近年注目をされている脳の神経伝達物質です。脳のセロトニンが不足する事で、うつ病や心の病を引き起こすとまで言われています。

 

セロトニンが正常に分泌されなければ、不安や恐怖感、イライラなどのストレス感情を、うまく抑制する事ができなくなってしまうのです。

なぜ、セロトニンが感情のコントロールにこれほどまでに深く関わっているのか。そのヒントは、セロトニン神経にあります。

 

感情を適度に抑制する神経

セロトニン神経は、脳のほとんどの神経と繋がっている神経です。人間の感情の中で、『不安』や『快』の感情と密接なのが、ドーパミン神経と、ノルアドレナリン神経と言われています。

セロトニン神経は、この2つの神経にも繋がっています。

 

セロトニン神経から、神経伝達物質『セロトニン』によって刺激が与えられることによって、2つの神経が興奮し過ぎたりしないように、適度に抑制されているのではないか、考えられています。

 

不規則な生活が原因に?!

もちろん、感情のコントロールができる、という事は、落ち込んだり不安になったりすることを防ぐだけでなく、極端な快の感情も、うまくコントロールできるということです。

例え嫌な事があっても、嬉しい事があっても、ある程度平常心を保っていられる人こそ、感情のコントロールができる人と言えます。

 

セロトニン神経は、不規則な生活を送っていると弱ってしまうという事が分かっています。具体的には、以下のような事です。

 

  • 朝起きれない、または夜型の生活を送っている。
  • 食生活のバランスが取れていない。
  • 運動をする事がほとんどなく、身体を動かす機会もあまりない。
  • 休日に家から出る事が少ない。

 

上記は、セロトニン神経を弱らせる生活について書きましたが、セロトニンの事を置いておいたとしても、体には悪そうな生活です。
また、いきいきとした生活を送っている人の事を想像してみると、大抵、これとは逆の生活を送っているのではないかと思います。

 

運動や、早寝早起き、休みの日に充実した生活を送っていると、セロトニン神経が活性化し、自然と心も落ち着いてくるはずです。1度生活のリズムを崩してしまうと、元に戻す事はとても難しいと思いますが、規則正しい生活習慣が1度身に付いてしまえば、後はそんなに難しくはありません。

 

まずはできる事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら