セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » 自律神経のバランスを整えるために

自律神経のバランスを整えるために

読了までの目安時間:約 4分

自律神経のバランスが、体調を左右する

 

 

夜になってもリラックスして眠れない、昼間は活力が無く、

身体がだるくて仕事や家事もやる気が出ない、、

 

こうした症状を感じる原因は、もしかしたら自律神経のバランスが崩れているせいかもしれません。

自律神経は、身体の様々な機能が崩れないように保つための、重要な役割を果たす神経です。

 

例えば、呼吸や拍動などのバランスを保っているのも、この自律神経の働きです。

 

 

「2つの神経」が、人の身体を支えている

 

自律神経とは『交感神経』『副交感神経』の、2つの神経から成り立っています。
2つの神経は「昼の神経」と「夜の神経」というふうに分けて考えると分かりやすいかもしれません。

 

具体的には、それぞれの神経は以下のように身体に働きかけています。

 

 

交感神経(昼の神経)

  • 主に活動中に優位に働く神経
  • 集中している時、緊張している時に強くなる
  • 心臓の拍動を促進する
  • 血圧を上昇させる
  • 瞳孔は拡張される

 

副交感神経(夜の神経)

  • 主にリラックスしている時や、睡眠中に優位に働く
  • 心臓の拍動を制御する
  • 血圧を降下させる
  • 瞳孔を縮小させる

 

このように、2つの神経は全く正反対の働きをします。
全身のほとんどの器官は、この2つの神経にコントロールされており、自立神経がバランスよく働く事によって、正常に機能する事ができているのです。

 

 

自律神経が崩れる瞬間

 

自律神経のバランスが崩れる事が、身体にとってどれほどよくない影響を与えるかは、上記を見れば理解して頂けると思います。

 

それでは、どのような事が原因で自律神経のバランスは崩れるのでしょうか。

実は、自律神経のバランスが崩れる原因は、多くの場合、ストレスが関係しているようです。
過度なストレスは自律神経のバランスを崩します。

 

また、セロトニンは自律神経のバランスを保つ為に重要な働きをしています

 

 

セロトニンが、自律神経を整える

 

セロトニンは、朝起きると同時に交感神経の活動を活発にする働きがあります。

朝日を浴び、セロトニンの分泌を促せば、交感神経のスイッチをスムーズに入れる事ができます。

 

また、通常は夜になると、このセロトニンの分泌が減り、睡眠を促す為のメラトニン(睡眠ホルモン とも呼ばれる)が分泌され始めます。

 

 

メラトニンが分泌されることによって、今度は副交感神経が優位に活動されます。

副交感神経が働くと、睡眠にちょうど良い身体状況が自動的に作られます。

 

昼間の活動はセロトニン、夜の睡眠はメラトニン。

 

それぞれの脳内物質は、自律神経の活動とも関係しています。

それぞれ、2つの脳内物質神経を、しっかりと意識しておくと、満足のいく生活を得られやすくなります。

 

すなわち、朝から目覚めをスッキリと。日中は意欲的。夜はぐっすり眠れる。というふうに、です。
過去に、睡眠ホルモン「メラトニン」を上手に作り出す方法の記事で紹介していますので、参考にされてみてください。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら