セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 依存症を治すには – 「依存しない脳」に作り変える

依存症を治すには – 「依存しない脳」に作り変える

読了までの目安時間:約 5分

依存症と言うと、何か特別な病気のように考えられてしまいそうですが、そんな事はありません。誰だって少なくとも何かに依存し、やめられないという事に悩んだ事はあるはずです。

 

依存症のイメージは「ギャンブル」「アルコール」「麻薬」などが一般的でしょう。しかし、もちろんそれだけが深刻な依存症とは限りません。

「買い物」「インターネット」「ゲーム」「テレビ」「恋人への精神的な依存」「食べ物」などなど、数え挙げればキリがありません。

 

依存症の特徴としては、自分ではやめたいと思ってもなかなかやめられない。身体的な健康や精神的な健康を害するにも関わらず、続けてしまう。社会的に問題と思われる程に依存してしまう。

このような状態になってまでやめられないと言う場合、深刻な依存症の可能があると考えられるでしょう。

 

例えば、ギャンブルや買い物の場合は、借金を重ねてまでも続けてしまう。アルコールやインターネットの場合、体の健康を害してまでも続けてしまう場合、立派な依存症と言えるでしょう。

 

依存症

 

 

「依存しない脳」に作り変えるには

 

個人的には、依存症の患者さんに対して、「心が弱いからだ」「性格の問題だ」などと言うのは、少し話が違うのではないかと思っています。

本人が望んでそうしている場合は別ですが、多くの場合、依存症の患者さんもかなり辛い思いをされているはずです。自分ではそうした行動をとりたくないのに、とってしまう。

 

それは、脳の中の、ある神経が原因となっている可能性が考えられます。それは、ドーパミン神経と呼ばれる神経です。

 

ドーパミン神経の暴走

以前にも説明しましたが、ドーパミン神経は、「快楽」の感情を作り出す神経です。
人は、ドーパミン神経が作り出す「快」の感情を求めてしまい、何度も何度も同じ事を繰り返し、ついには手に入らない「快」の感情に対して強いストレスを抱くようになってしまうのです。

 

矢印2 ドーパミンが過剰に出ると、ストレスになる?

 

例えば、買い物依存症の場合を例にとると、買い物をして、物を手にいれた瞬間、人は強い満足感を感じることができます。これこそ、ドーパミン神経が作り出す「快」の感情と呼ばれる物です。

 

しかし、その時間は長くは続きません。しばらくすると、ドーパミン神経は再びこの「快」の感情を得たいと強く感じ始めます。

ドーパミン神経の働きを抑える事ができれば、「快」の感情を得たいという強い感情を抑える事もできるのです。

 

セロトニン神経の働き

そこで、心の働きを抑制してくれるのが、セロトニン神経の働きです。

セロトニン神経は、よく「幸せホルモン」などと呼ばれることがあります。これはセロトニン神経自体が気持ちを幸せにしてくれるから、という訳ではありません。

 

セロトニン神経は、ドーパミン神経の働きが過剰になると、うまく抑制してくれる働きを持っているのです。この為、感情のコントロールがうまくいくようになり、過剰な欲求も抑える事ができるようになるという訳です。

 

セロトニン神経を健康に保つには

以前にも何度か書いたように、セロトニン神経を健康に保つには、普段から運動や規則正しい生活習慣を保つ事は欠かせません。
日頃から運動を心がけているような健康的な人が、依存症になるようなイメージはあまりないと思います。これはとても自然な事で、日頃から規則正しく健康的な生活を心がけていれば、神経も健全に保たれるでしょうから、何かに依存をするような可能性は低くなります。

 

恋人に依存をして自分が嫌になる。買い物やゲーム、インターネットをやめたいのにやめられないという方は、毎日の運動や早起きの習慣を日頃から心がけるようにしてみてください。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら