セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » もしかして病気?人付き合いが苦痛、人と話したくない

もしかして病気?人付き合いが苦痛、人と話したくない

読了までの目安時間:約 4分

人付き合いが得意という人は、多くの場合感情のコントロールが得意という特徴が挙げられます。
逆を言えば、人付き合いが苦手という人ほど、自身の気持ちを安定させる事が得意ではなく、人と話すことに極度の不安ストレスを生じさせてしまいます。

 

誰かと話すときに、以下のように考えてしまう、という方は居ませんか?

 

  • もしかして、余計な事を言ってしまって勘に障るのではないか。
  • 私はあの人に嫌われるていのではないか。
  • 緊張してうまく話せないかもしれない。

 

こんな風に考えながらでは、会話を楽しむ事も難しいはずです。

もし自分の感情をコントロールできるのなら、こんな時は心を落ち着け、楽しく、心地よい気分で会話を楽しみたいものです。

 

ストレス

 

中には、極端にオドオドしてしまってり、上手く話せない自分の事を「もしかして精神的な病気ではないか..」と心配に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

人付き合いが苦痛なのは、もしかして病気?

上記のような症状が行き過ぎてしまうと、人前に出るだけで強い恐怖感を感じてしまったり、動悸手足に汗を掻いてしまうといった症状を感じる事もあります。

いずれも、原因はそもそも不安や緊張感を強く感じ過ぎてしまう事にあります。

 

この、不安や恐怖を強く感じてしまう症状は、病気なのでしょうか?また、治す事はできるものなのでしょうか?

 

考えられる症状

実は、極端な人見知りや人付き合いで不安を感じるといった症状は、神経科(または精神科、心療内科)でも治療を行っている病気のひとつです。具体的には、うつ病や、不安神経症、動悸や発作を伴う場合はパニック障害が認められます。

当然、症状自体が軽度か重度かによって、病気と判断される場合もあれば、そうではない(一過性の症状)と判断される場合もあるでしょう。

 

また、こうした症状の場合、診察する医師によっても診断が完全に分かれる物です。ある医師は一過性な物と言っても、別の医師から見たら精神疾患であると考える場合もよくあります。

 

いずれの症状の場合も、治療は投薬が中心に行われる事が多いでしょう。まれに、カウンセリングを行う場合も考えられます。使用される薬は、抗うつ剤精神安定剤などである事が多いです。

 

原因は遺伝?薬で治るの?

このような症状の場合、脳の中に存在する「セロトニン神経」の働きの影響による場合が考えられます。抗うつ剤や精神安定剤は、セロトニン神経に一時的に作用し、脳内物質の分泌を加速させます。

セロトニン神経の働きが鈍化すると、不安を感じる「ノルアドレナリン神経」の働きを抑制できなくなり、その結果人間関係に不安や緊張を覚えるというケースが考えられています。

 

このような症状の場合、薬の使用はあくまでも一時的な役割が多く、根本的な治療には生活習慣働き方・環境を変えるなどの努力が有効な場合も多々あります。

 

セロトニン神経の働きを正常にする為には、規則正しい生活を心がけ、習慣的に運動をするなどの努力が有効です。最近では、セロトニン神経の働きを助けるためのサプリメントも販売されていますので、こうした物をうまく活用する事もおすすめです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら