セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 「人付き合いが苦手」で仕事に支障が出る時は

「人付き合いが苦手」で仕事に支障が出る時は

読了までの目安時間:約 5分

人付き合いが苦手で、一番困る事といえば、やはり仕事中での事でしょう。どれだけ自分の殻に閉じ籠っていたいと考えていても、仕事となればそうはいきません。

人と接することが苦手な性格だと言っても、助けてくれる人はなかなかいないのが実際のところでしょう。

 

人付き合いが苦手。仕事はどうする?

 

私自身、常に自分の殻に閉じ籠ってしまう性格のため、仕事中はストレスを感じる事ばかりが続いていました。こんな性格でも、周りから見れば「大人しくて真面目で扱い易そう」と思われてしまうのが難しいところです。。

 

仕事があるだけでも有難いので、上司に向かって、他人と接することはなるべく避けたいです、などとは、中々言えるものでもありません。

プレッシャー

 

「根本的に性格を変える」のが一番の近道

今時、インターネットで調べれば、人付き合いが苦手な人のために「すぐに実践できる方法」などが沢山紹介されています。

「すぐにできる」「たった◯日で変われる」などと書かれていますが、実際にはそんなに簡単に治るものでもないような気がします。

 

やはり、結局は自分と向き合い、根本的に自分を変えていくことが最も近道だと思います。そして、そういう方法こそが、根本治療なのではないかと考えています。

 

私は、実は、生まれつき人付き合いが得意な人は、そんなにたくさん居ないのではないかと思います。「私は人付き合いが得意で、、」と言っている人に限って、他人との距離の取り方が上手ではなく、相手にとって「迷惑な存在」である事がよくあります。

 

「人付き合いが苦手」と言っている人ほど、傷つきやすく、人の気持ちが良く分かるために、人と接する場面に引き出される事が多いのかもしれません。

それ自体が、人付き合いが苦手な人にとっては強いストレスに感じる事でしょう。

 

根本的な解決方法とは

一言で解決方法と言っても、性格や個性、仕事や状況などはそれぞれです。全ての人が同じ方法で問題を解決できるわけではありません。

しかし、どんなに苦手な事でも、回数を重ねる度に徐々に慣れていく事もあります。これは、人付き合いだけではなく、ほとんどの事象に言えることです。

 

回数を重ねる度に、自分なりにうまく対処ができるようになり、いちいち緊張感や不安を感じる事も少なくなっていきます。

自ら人と接しなければいけない状況に飛び込むという方法も、荒治療ですがとても効果が得られやすい方法です。

 

科学的に「人付き合い」を円滑にするには

また、不安や恐怖、緊張感を感じる神経は、脳の中にある「ノルアドレナリン神経」という部分です。

実は、うつ病や不安神経症、対人恐怖症などの原因として、このノルアドレナリン神経の働きが過敏すぎる状態が考えられます。

 

ノルアドレナリン神経の働きが過敏になる原因として、特に考えられているのが、セロトニン神経の不調です。セロトニン神経は、ノルアドレナリン神経の働きが過敏になった際に、ブレーキとなってくれる働きをしてくれる神経です。

 

ストレスは、セロトニン不足が原因?

 

人前に出ると、必要以上に緊張したり、不安になったりするのは、このノルアドレナリン神経が過敏に働いてしまっていることによるものかもしれません。

セロトニン神経を健全に保つためには、日頃から規則正しい生活や、運動不足の解消バランスの良い食事などを心がける必要があります。

 

また、最近ではセロトニン不足を解消させるためのサプリメントも販売されています。
サプリメントには、セロトニンの分泌を促すための、必須アミノ酸ビタミンB群が豊富に含まれています。

 

セロトニン不足の対策サプリ

 

基本的な生活習慣の改善や、食生活の改善など、一見すると性格とは全く関係ないように思われそうです。
しかし、こうした地道な積み重ねが根本的な改善につながるという事は、経験上間違いないと言えます。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら