セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » 平常心を保つには – 職場や人混みでの心の鍛え方

平常心を保つには – 職場や人混みでの心の鍛え方

読了までの目安時間:約 5分

心の状態は、自分ではコントロールできないと考えている人達がいます。そう思っている限りは、確かに感情をコントロールすることはできないでしょう。

 

この世界は、自分が考えたようにしかならない、思った通りの世界が投影されると言われます。個人的には、実感を込めてその通りだと考えています。自分が変われないと強く信じていれば、変わることは絶対にできません。

私の場合、そして私が接してきた人達はそうではありませんでした。自分で変えたいと思ったことは、時間がかかっても思った通りに変えていきます。

 

自分の感情の状態についても、同じことが言えます。常に平常心を保ちたいと考えているのなら、それに向けて努力する以外に、改善の方法はありません。仕事や苦手な人の前に出ても、緊張したくない。不安にならないようにしたい。

そんな時でも平常心を保つためには、毎日の訓練しかありません。精神安定剤でも使わない限り、一つ一つ、地道に自分にできることを積み上げるしかないのです。

 

平常心

 

平常心を保つ、具体的な訓練法

 

私自身もそうですが、緊張しやすい人というのは、人前に出ることを恐れて逃げ続けてしまいます。その気持ちは、痛いほどよく分かります。

しかし、常に平常心を保ちたいのなら、そこをぐっと我慢して、あえて場数をこなすことを選んでください。つまりは、積極的に人前に出て、たくさん緊張するのです。

 

最初は、心が痛くて仕方がないと思います。しかし、本当に不思議なもので、回数をこなす度に、痛みは薄らいでいきます。

これが楽しいと感じるかどうかは、人それぞれです。つまり、回数を重ねれば人前で話したり、多くの人と話すことが好きになるかというと、それは分かりません。

 

私の場合、人と会ったり人前で話すことは苦痛ではなくなりましたが、好きかどうかと言うと話は別です。仕事の都合で人前で話せと言われれば、今では「はいはい」と言って原稿を用意します。しかし、好んで人前で話したいとは思いません。

 

それでも、私は人間が嫌いではありません。一人は孤独ですし、誰かと時間を共有したいと思うこともよくあります。

 

平常心を保つには、積極的に失敗すること

人と話すことが苦手だと言う人に限って、失敗をひどく恐れます。

ほとんどの場合、それは相手を傷つけたり、怒らせたりする事を恐れているわけです。しかし、これは裏を返せば、それによって自分が傷つくことを恐れているのです。

 

私が仕事や人間関係を通して学んだことは、失敗して傷つくことを、いちいち恐れてはいけないということです。本気で自分を変えようと思うのなら、積極的に苦手な人の懐にもズンズンと足を踏み入れてください。あえてそうする必要はありませんが、必要に迫られた時には何食わぬ顔で歩みを進めてください。

 

それで睨まれたって気にしないことです。平常心とは、自分の内面に集中することで、維持しやすくなります

 

これは、コツを掴んでしまえば、どこに行っても誰と会っても応用できます。常に、自分がやるべきこと、やりたいことに集中するのです。その過程で人の顔色を伺っていてはいけません。

勘違いしないで欲しいのですが、あえて人を傷つけろとは言っていません。自分がやりたい事に集中し、それをつら抜いてくださいと言う事です。これこそが、常に平常心を保つ最大の秘訣です。

 

やりたい事に集中し、その過程で人を傷つける事があっても、それは大きな学びとなります。学びを繰り返していれば、その先には強くて賢い自分が待っているはずです。
間違っても、逃げ回るような人生だけは送ってはいけません。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら