セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 人と話すことが怖い..という人に足りない物質とは

人と話すことが怖い..という人に足りない物質とは

読了までの目安時間:約 4分

人と話す事が怖い。

人と話す事が億劫に感じる。

なるべくなら人と話す機会を避けて通りたい、、

 

こうした事は、多かれ少なかれ、多くの人が感じた事があるのではないでしょうか。

特に、社会人になれば、嫌でも人と接する機会が多くなります。。

 

しかし、このような症状が行き過ぎてしまうと、普段の生活でさえ、様々な弊害が生じてしまいます。

 

人と話したくない

 

人と話すことが怖いと感じてしまう原因は..

 

社交的か内向的か、という性格は、遺伝によってある程度決定してしまいます。

 

不安や恐怖心をコントロールする神経に「セロトニン神経」という物があります。

セロトニン神経から分泌される、「セロトニン」と呼ばれる脳内物質は、不安や恐怖心といった感情を適度に抑制してくれます。
これによって、人は平常心や穏やかで外交的な心を保つ事ができると考えられているのです。

 

実は、日本人は遺伝的に不安で神経質な性格を持つ人の割合が多いとされる研究報告が多数あります。

理由として考えられているのは、「セロトニン」を脳内で伝達する為の遺伝子、「セロトニントランスポーター」の形状にあります。

 

欧米人の場合、セロトニントランスポーターの形状が日本人と異なる形状の方が多いとされています。

異なる形状というのは、「日本人よりも沢山のセロトニンを運搬できる」形状をしているそうで、日本人よりもはるかに多くの人が、こうした形状の遺伝子を持っている割合が多いそうです。

 

日本人のセロトニントランスポーターは、遺伝的にセロトニンを伝達する量が少ない形状をしている人が多いとされています。
日本人に、人と接することに自信のない人。心配性で神経質な人が多いのは、こうした理由があるからなのです。

 

セロトニン不足

 

しかし、そうは言っても、自信の無さや社交性の無さなど、全てを遺伝のせいにしてしまう事には無理があります

 

内向的な性格を変える方法はある

セロトニントランスポーターが伝達するセロトニンの量が少なかったとしても、セロトニン自体の量が多ければ、不安や緊張感、恐怖と言った感情を抑える事は、ある程度できると考えられているのです。

 

しかも、セロトニンを増やすための方法は、意外とシンプルです。

  • 呼吸のリズムを一定に保つような運動を、毎日心がける。
  • 朝は毎日、日光の光をしっかりと浴びる。
  • 朝食はバランスの良い物や、エネルギーをしっかり摂る。
上記に挙げた事を毎日心がけているだけでも、セロトニン神経が刺激され、セロトニンの分泌濃度が向上すると考えられています。

 

また、最近ではセロトニンを増やすための安全なサプリメントも販売されるようになりました。

 

サプリメントには、セロトニンの材料となる必須アミノ酸や、ビタミンB群が豊富に含まれている物が一般的です。

普段の食生活のバランスに自信が無いという方は、こうしたサプリメントを使用してみる事もおすすめです。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら