セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » セロトニンが増え過ぎると良くない?

セロトニンが増え過ぎると良くない?

読了までの目安時間:約 5分

セロトニンが増えすぎると危険?

 

 

以前このブログで、セロトニン症候群と、その対処法について詳しく解説をさせていただきました。セロトニン症候群はSSRIなど、セロトニン神経に作用する効うつ剤の容量を増やしたり、規定の服用量を守らない事で引き起こされる、非常に危険な症状です。

 

セロトニン症候群の一因は、セロトニンの過剰分泌にあると考えられています。
それでは、セロトニンが過剰に増え過ぎる事は、健康や精神状態に危険を及ぼすという事なのでしょうか。

 

セロトニンが過剰に分泌されるとどうなる

 

セロトニンが過剰に分泌され、精神に危険な状態を及ぼす1つの例として、LSDなどのドラッグを例に挙げると分かりやすいかもしれません。
LSDなどの麻薬は、セロトニン神経の暴走を誘発します。その結果どのような事が起こるかと言うと、ありもしない幻覚が見えたり、過剰な興奮や震えなど、想像もつなかい副作用を引き起こします。

 

そこで心配になるのが、普段からセロトニンを増やす為に、運動や食生活の改善に取り組んでいる方が、セロトニンが増えすぎる事で、セロトニン症候群のような危険な症状を引き起こさないか?ということです。

 

 

サプリメントは危険か

 

特に気になるのが、セロトニンを増やすためのサプリメントを飲んでいる方ではないでしょうか。例え健康食品とは言え、何らかの悪影響を及ぼす事が絶対にないとは言いきれません。

 

セロトニンを増やす為に、特に多く販売されているのが、トリプトファンを含むサプリメントです。日本製のサプリメントの場合、セロトニンが増えすぎて健康に害を与えるほど、多くのトリプトファンを含んでいる事は稀です。

 

また、トリプトファンの場合、多く摂取しすぎても、全てがセロトニンに合成される訳ではなく、不要な分は体外に排出される事がほとんどですので、あまり心配しすぎる必要はありません。

 

 

セントジョーンズワートは注意が必要

 

ただし、セントジョーンズワートなどのサプリメントは、使用に当たっては注意が必要です。

セントジョーンズワートは昔から、セロトニン神経に作用するハーブとして、うつ病やパニック障害、不安神経症などに効果があるとして有名です。

 

特にヨーロッパなど一部の国では医療機関でもうつ病の治療などに使用される程、その効果が認めれているセントジョーンズワートですが、非常に稀な例として、セロトニン症候群を引き起こした例が見られるようです。

 

こうした、セロトニン神経に何らかの作用を与えるハーブのサプリメントを使用する際は、以下の点に注意しましょう。

 

  • 抗うつ剤に限らず、何らかのお薬を服用している際は、医師や薬剤師に相談する。
  • 何らかのサプリメントを服用している際は、販売元に飲み合わせを確認する。
  • 定められた用法、容量を厳守するようにする。

 

個人輸入代行を利用しない

 

サプリメントで注意すべき事は、安易に海外で製造・販売されている物を購入、使用しないという事も大切です。
個人輸入代行と言われるこうした商品は、日本では認められていない成分の物も購入する事ができ、近年では問題になっています。

 

普通の生活で危険を及ぼす事は稀

 

お薬やサプリメントを除いて、通常の食生活や運動だけで、セロトニンが異常に分泌されることはほとんどありません。

通常の食生活で取りすぎたトリプトファンは、排泄物として体外に排出されます。また、よほど訓練により卓越された呼吸法などを行わない限り、運動や呼吸法で、脳内のセロトニン濃度が危険なレベルまで増えすぎるという事も、考えにくいでしょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら