セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病症状 » 不安でたまらない – セロトニン欠乏脳の症状

不安でたまらない – セロトニン欠乏脳の症状

読了までの目安時間:約 5分

不安でたまらない夜。原因はセロトニン不足?

 

 

眠りにつこうとしても、頭の中は明日の仕事や、今日の反省、これからの人生、将来への不安が思い浮かび、中々眠りにつけない。

 

むしろ眠ろうとすればするほど、不安は大きく膨らんでいき、ますます眠りにつくことができなくなってしまう。。

 

ストレスや、疲れのせいにされ、見過ごされそうなこうした症状。

実は、脳内物質「セロトニン」が不足している脳では、このような症状が起こりやすいようです。
放っておくと、悪循環が続き、うつ病や不安神経症などの心の病へと繋がる可能性も充分に考えられます。

 

セロトニンを増やす為に、できる事から始める必要があるでしょう。

 

 

現代人に多い、セロトニン欠乏脳

 

こうした「不安脳」とも呼ばれる脳の状態を作り出す原因のひとつが、脳内物質の「セロトニン」と呼ばれる物質が不足する事です。

 

セロトニンは、脳の中で不安を打ち消す為に、重要な働きをしてくれる物質です。

「幸せホルモン」とも呼ばれている、セロトニン。

 

最近では、運動法や呼吸法、サプリメントに至るまで、セロトニンを増やす為の様々な方法が模索されています。

 

 

平常心を維持するセロトニン

 

セロトニンが不足すると、なぜ不安や緊張感が極端に増してしまうのでしょうか。

 

 

それは、セロトニンが脳の様々な感情を抑制する為の働きをしている為です。

セロトニン神経は、脳の中心的な部分に位置しており、極端に不安を感じたりすると、セロトニンがこうした感情に、適度にブレーキをかけてくれるのです。

 

セロトニン神経が何らかの理由で弱ってしまい、脳のセロトニン濃度が低くなっている人は、うつ病や、摂食障害、パニック障害、不安神経症など、様々な心の病を引き起こす傾向にある。ということは、既に明らかにされている通りです。

 

精神科や心療内科で処方される「SSRI」などの抗うつ剤は、脳のセロトニン濃度を一時的に増やす為のお薬です。

セロトニンは、穏やかで浮き沈みの無い心を維持する為に、とても重要な脳内物質なのです。

 

また、セロトニンは通常、日が登ると同時に脳の中で分泌され始める物質です。

 

セロトニンが自律神経に作用するおかげで、朝から脳が覚醒し、すっきりした目覚めを感じる事ができるのです。

こうした、睡眠サイクルにも大きく関わるセロトニンは、体内時計を正常に保つ為の役割も担っています。

 

セロトニンが不足していると、朝から活力が湧かず、何もする気が起きない。

不安な感情も中々打ち消す事ができず、夜も中々寝付けない、という生活に陥ってしまいます。

 

 

生活習慣の改善で、予防できる

 

ではなぜ、セロトニン不足などの症状が起こるのでしょうか。

 

冒頭にも書いた通り、昼夜逆転の生活やストレスを溜めやすい生活、運動不足の生活は、セロトニン神経を弱らせてしまう原因となるようです。

 

これまでにも、このブログで紹介してきたように、リズムを意識した運動や、朝日を浴びる事など、とても単純な方法を毎日継続するだけでも、セロトニン神経を鍛えることはできます。

 

夜は不安な感情が強くなり、なかなか寝付く事ができない。朝も身体がきつく、やる気が起きない。

そんな方は、脳のセロトニンが不足している可能性が充分に考えられます。

毎日、少しづつでも良いので、セロトニンを増やす為にできる事を始めて見るとよいでしょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら