セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » ドーパミンを増やせば、やる気が出る?

ドーパミンを増やせば、やる気が出る?

読了までの目安時間:約 5分

やる気を起こさせる脳内物質

 

 

ドーパミンと聞くと「やる気」「活力」などをイメージする方が多いのではないでしょうか。

また、覚せい剤などの薬物依存や喫煙も、ドーパミンを増やす効果があります。

この事から、ドーパミンと薬物を関連づけてイメージする方もいるかもしれません。

ドーパミンは脳の中の神経伝達物質と呼ばれる、脳内物質です。

以前の記事にも書きましたが、ドーパミンは、心地良い「快」の感情を作り出す作用があります。

 

今回は、ドーパミンの役割や増やし方、普段の生活のどのような時に応用出来るかについても紹介してみたいと思います。

 

ドーパミン_セロトニン

 

 

ドーパミンの役割とは

 

まずは、ドーパミンがどのような働きをするかについてです。

ドーパミンは「報酬系」とも呼ばれている神経です。

 

なぜそのような名前で呼ばれているのかというと、何かをする時に、ドーパミンが動機付けの役割を果たす為です。例えば、分かりやすいのが、昇進や昇給が決まった時の喜びの感情です。

何かに勝利した時や、性や食に伴う快感。こうした心地良い感情は、ドーパミンが作り出します。

 

人は、生きて行く為にこのような「動機付け」の感情が必要なのです。

心地良い感情を得る為に、仕事や勉強で良い結果を出そう、という気持ちに拍車がかかります。

もし、そのような動機付けの感情が一切なかったとしたら。大袈裟に書くと、何もやる気が起きない、向上心のない人間になってしまうでしょう。

 

 

依存症にも繋がる

ドーパミンは、こうした良い作用だけが注目されそうですが、悪い面もあります。

 

代表的な物は、最初に述べた、麻薬などの薬物依存や喫煙、アルコールなどです。

こうした物は、ドーパミンによる快を与える物質です。

繰り返し使用しているうちに、快楽の依存によって、薬が手放せなくなってしまいます。

 

さらに、薬が切れた時の不快感も強くなっていきます。

同様に、ドーパミンが引き起こす依存症に、ギャンブル依存症があります。

1度報酬を手にしてしまった心地良い感情が忘れられずに、何度でもギャンブルを続けるようになるのです。

 

やる気を引き出す為に

ここまで読むと、ドーパミンについて、あまり良い感情を持てなくなってしまったかもしれません。

 

しかし、最初の方に書いた通り、ドーパミンはやる気を引き出す上で、とても重要な役割を果たします。また、以前の記事にも書いた通り、ドーパミンによる過剰な快楽は、脳内物質のセロトニンによって、ある程度抑制する事ができます。

バランスを意識しながら、ドーパミンを普段の生活で最大限に発揮する事は、必要なことなのです。

仕事や勉強でドーパミンによる「やる気」を引き出すなら、何かを達成した時に、目に見えるようにする事です。

 

例えば、仕事の内容を細かく紙に書き出し、ToDoリストのような物を作っておく。 1つの仕事が終わる度にチェックを入れるのです。

こうした単純な事でも、「仕事が1つ終わった」という喜びを感じる事ができます。

逆に言えば、1つの事をやり遂げられなければ「終わった」という達成感を感じる事ができません。

 

つまり、途中で投げ出してしまっては、快楽の感情を得る事ができません

 

快楽の感情は、感じる度に脳にインプットされて行きますので、1度の成功体験はその後のモチベーションに繋がります。

時には、途中で諦めずに最後まで続ける事が大切になってくるのです。

 

また、ドーパミンは人に褒めて貰う事でも分泌されます。

自分に合った方法で、ドーパミンを増やす努力をする事を心掛け、仕事に活かすと良いでしょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら