セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » ドーパミンが不足すると、やる気が出なくなる?

ドーパミンが不足すると、やる気が出なくなる?

読了までの目安時間:約 5分

人間の心は、脳の神経が複雑に組み合わさる事によって作り出されているものです。感情の変化は、異なる神経の働きが作用し合う事によって生じる変化とも考えられます。

特に感情を司る神経には、以下の3つの神経が関わっていると考えられています。

 

  • ドーパミン神経
  • ノルアドレナリン神経
  • セロトニン神経
いずれの神経も、それぞれが神経伝達物質である「ドーパミン(ドパミン)」「ノルアドレナリン」「セロトニン」を分泌し、心の状態に様々な影響を与えます。

 

ドーパミンが及ぼす心理的な影響

 

ドーパミンは、報酬系と呼ばれる脳の神経です。なぜ報酬系と呼ばれているのかというと、快感によって脳の興奮を引き起こすためです。具体的には、以下のような状況で心が興奮し、気持ちが高ぶるのはドーパミン神経の作用によるものです。

 

  • テストで良い点を取った時に嬉しく感じる。
  • 競争で勝ち上がっていく快感。
  • カジノや博打で勝負に勝った時の快感。
  • 出世や昇給などの喜び。
  • 買い物などによる快楽の感情。
  • 薬物を乱用した際の快感。
このように、ドーパミンが作り出す快感の感情は、生きていれば必ず誰でも経験するような心地良い感情や、喜びの感情です。

 

動機付け(モチベーション)の神経

勝負事や対決への興奮、快楽などの感情を作り出すドーパミンは、過剰に放出されると、快楽に対する依存という悪い状況を作り出します。
しかし、意欲という面で考えてみると、ドーパミンが全く放出されなければ、モチベーションを保つ事が難しくなってしまいます。

 

人は、何らかの動機付け(モチベーション)がなければ、向上心や闘争心が芽生えません。ドーパミンは、興奮・喜び・快楽という感情によって、人間に意欲を与えます。taiyou出世願望が強すぎる事は、時に問題となるかもしれませんが、全く欲がなければ社会で働く上では不利になってしまいます。現状のままで満足してしまうか、もっと上を目指したいと考えるかは、ドーパミンの分泌が多少影響しているでしょう。

 

ドーパミンが不足してしまうと

また、ドーパミンが不足する事によって、感情への影響だけでなく、病気を引き起こす事も分かっています。代表的な病気として、パーキンソン病が挙げられます。

 

パーキンソン病は、全身の筋肉が硬くなってしまい、徐々に自分で動かすことができなくなってしまう難病です。多くの場合、高齢者が発病しますが、ごく稀に若い方もこの病気を発症することがあります。

 

ドーパミン・ノルアドレナリンを司るセロトニン神経

最初に述べた、感情を司る3つの神経のうち、セロトニン神経は特に注目されている神経です。
セロトニン神経から分泌される脳内物質「セロトニン」は、様々な神経に軸索を送っており、ドーパミン神経やノルアドレナリン神経にも影響を与えます。

 

神経伝達物質であるセロトニンが、ドーパミン神経とノルアドレナリン神経に適度に働きかけ、それぞれの神経を、最適な状態に保ってくれると考えられています。

セロトニン神経を鍛える事で、感情を穏やかな状態に保つと言われているのは、こうした理由があるからです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら