セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » バナナでセロトニンが増えるのか?

バナナでセロトニンが増えるのか?

読了までの目安時間:約 4分

バナナでセロトニンが増える?

 

 

うつ病やパニッック障害、不眠など、様々な心の病が大きな問題となりつつなる昨今、「幸せホルモン」と呼ばれる脳内物質、セロトニンに注目が集まっています。

 

今回は、バナナがこのセロトニンを増やす為に効果的、というお話しです。

 

バナナ_セロトニン

 

バナナは、セロトニンの材料となる物質である「トリプトファン」というアミノ酸を豊富に含む果物です。
普段の食事にバナナを取り入れると、効果的にセロトニンを作り出す事ができるかもしれません。

 

 

成分バランスの良いバナナ

 

まずは、バナナ1本に含まれる栄養成分を見てみましょう。
全てを載せてしまうと、とても長くなってしまいますので、ここに書き出したのは一部となります。

 

エネルギー86kcal
タンパク質1.1g
トリプトファン10mg
脂質0.2g
炭水化物22.5g
カリウム360mg
マグネシウム32mg
ビタミンB10.05mg
ビタミンB20.04mg
ビタミンB60.38mg
ビタミンC16mg
ビタミンE0.5mg

 

はじめに書いた通り、セロトニンを作り出す材料となる物質が、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸です。
バナナにはこのトリプトファンが、一本あたり約10mgと、他の果物や食品に比べても、多く含まれているのが特徴です。

 

ただし、トリプトファンだけを多く含むという点にこだわるのならば、バナナ以外にも大豆製品や乳製品、ナッツ類など、多くの食品が考えられます。

 

バナナがセロトニン合成の為に良いとされる理由は他にもあるのです。

 

それが、豊富なビタミン類と炭水化物を含んでいるという点です。

 

 

  1. ビタミン.. トリプトファンをセロトニンに合成する際に、ビタミンB6などが必要となる。
  2. 炭水化物.. セロトニンが血液を通して運ばれる際に必要と考えられている。

 

 

セロトニンを作り出す為には、材料となる物質(トリプトファン)だけを食べていれば良いかと言うと、そのような事はありません。

バナナは、他の果物と比較してもビタミンB6や炭水化物、エネルギーの含有率が非常に高い果物です。
この為、トリプトファンを効率的にセロトニンへ合成する為には、効果的な食品と言えるのです。

 

 

効果的な食べ方と時間帯

 

セロトニンを作り出す、という観点から考えると、バナナなどの食品は朝食べる事が効率的です。
通常、セロトニン神経は朝きると共に活性化し始めます。

同時に、セロトニンが作り出され始めるのです。

 

ヨーグルトはトリプトファンの含有率も高く、腸の活動にも良い働き掛けをします。

 

ですので、おすすめはヨーグルトとバナナを一緒に食べることができる、バナナヨーグルトです。
アーモンドなどのナッツにもトリプリとファンが多く含まれていますので、積極的に取り入れる事をおすすめします。

 

 

食事はバランス良く、が基本

 

このブログでは何度も書いてきた事ですが、食品やサプリだけでセロトニンを増やす、という事はあまり現実的ではありません。

 

運動グルーミング(人との触れ合い)、朝日を浴びるなど、基本的な生活習慣を行いながら、その一環として食品やサプリなどを取り入れると良いでしょう。

朝、バナナなどのバランスの良い食品を食べることも、習慣の一つと考えて頂ければ良いと思います。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら