セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 朝起きるのが辛いのは、もしかして病気?

朝起きるのが辛いのは、もしかして病気?

読了までの目安時間:約 6分

朝起きると、全身が気怠く、布団から起き上がる事ができない。
前日に深夜まで起きていたわけでもないのに、異様な体の怠さを毎日のように感じている...。こうした症状は、もしかすると病気を発症している可能性もあります。

 

早く起きたいのに、朝が辛い

 

本当は、朝早く起きてやりたい事がある。早起きしなければ仕事に支障が出るのに、いざ目覚まし時計が鳴ると、異様な身体のだるさで辛い思いをすることがあります。

たまにこんな症状に悩むくらいなら良いのですが、毎日のようにこんな症状が続いているようでは、とても耐えられません。

 

低血圧ではにのに..

朝が辛いというと、多くの人が低血圧を疑います。しかし、病院で検査をしてみても、低血圧という結果は出ません。血圧意外にも検査を受けてみるけれど、何も悪いところは出てこない。医師も、「疲れているのでは」や「ストレスかな」などと言葉を濁します。

 

残念な事に、朝が辛い、体がだるいという症状は、一般的には「怠けている」や「だらしない」というイメージを持たれがちです。

しかし、本当に悩んでいる人にとってみれば、これほど辛い症状はありません。

 

不安_不眠

 

考えられる病気とは?

一般の病院でも見過ごされがちで、はっきりとした病気と分かりづらい症状に、「自律神経失調症」と呼ばれる症状があります。誰でも一度は聞いたことがある病名ではないでしょうか?

しかし、この病気ほどストレスを抱えがちな多くの人が陥り、見つかりにくい病気はありません。

 

矢印2 「うつ病」の診断書の表記 – 自立神経失調症って?

 

上記の記事でも説明している通り、自律神経失調症はうつ病に付随する病気としてよく取り上げられます。

うつ病というと、どうしても大げさな病気に思われがちです。しかし、最近は「かくれうつ病」や「非定形うつ病」など、うつ病とは気付かない症状も徐々に明らかにされています。

 

矢印2 嫌な事になるとできなくなる – 非定型うつ病とは

 

こうした心の問題は、本人が意識的には気付かなくても、身体には少しづつ表れ始めます。まるで身体が鉛のように重くなり、だるく感じる症状の事を「鉛様(なまりよう)疲労」と呼びます。

 

ストレスが自律神経の働きを鈍化させ、朝になったにも関わらず、脳は覚醒せずに、眠っている時と同じような状態を保とうとします。脳が適切な命令を出さない為に、身体は体温が下がったままの状態で、胃や腸、心拍や神経の活動は低下した状態のままです。

 

これでは、体がだるく感じない方がおかしいはずです。自律神経失調症の症状として、この他にも以下のような症状が考えられます。

 

  • 午前中は体や頭がボーッとして何もする気が起きない事が多い。
  • 日中に酷い眠気に襲われる事がある。
  • 胃腸など消化器官が優れないと感じる事が多く、吐き気を生じる。
  • 喉が渇いたり、手足に汗を掻いたり耳がボーッとするなど、原因不明の症状が起こる。
  • 病院を受診しても、はっきりとした症状は分からず、対処療法で済まされる。
自律神経失調症の場合、根本治療として重要な方法は、やはりストレスを無くし、規則正しい生活を心がける事です。

 

自律神経失調症の対処方

ストレスや不規則な生活(特に夜型の生活、運動不足)は、自律神経の活動を狂わせてしまう、最もよくある原因です。

また、食生活にも充分に注意する事が大切です。体内時計を正常化し、ストレスを緩和させる栄養素として、「セロトニン」と呼ばれる神経伝達物質があります。この物質こそ、自律神経失調症の根本治療には欠かせない物質です。

 

セロトニンを増やすためには、規則正しい生活や、運動。それに加えて、バランスの良い食生活も必要不可欠です。セロトニンの材料となる物質として、「トリプトファン」と呼ばれる物質が挙げられます。

この物質は、普段の食生活で摂取することもできます。

 

うつ病の予防・対策に – セロトニンを含む食事

 

最近では、セロトニンを増やすためのサプリメントも販売されています。

 

これで安心!セロトニン不足の対策サプリ

 

自律神経失調症は、うつ病の症状に付随する症状として考えられています。心療内科や神経内科、精神科を受診すれば、気分を向上させる薬を処方してくれます。しかし、当然ながら薬によるリスクは常につきまとうのが現実です。

 

気分が沈む時は、薬で治す?本当は危険な薬に注意

 

自律神経失調症は、普段の生活や食生活、心の持ちようを変えることで根本的に改善する事ができる症状です。まずは自分にできる事から始めてみては如何でしょうか。

 

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら