セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » セロトニンとは – 心のバランスを整える脳内物質

セロトニンとは – 心のバランスを整える脳内物質

読了までの目安時間:約 4分

セロトニンとは、脳の中のにある「セロトニン神経」という神経から作り出される物質です。

脳の広い範囲に働きかける重要な神経伝達物質で、感情をコントロールする為に重要な役割を果たしていると考えられています。

セロトニン神経

セロトニンが正常に分泌されていなければ、不安やイライラ、不眠などの心の不調や、うつ病などの神経性の病に繋がる事があるという事が分かっています。

 

セロトニンが作り出されるまで

セロトニンは、脳の中にある神経細胞から作り出される物質です。

近年は、セロトニンを増やすためのサプリメントなども販売されていますが、セロトニン自体を直接薬や注射、サプリメントで取り込む事はできません。セロトニンは本来、人間の体内で作り出される物質だからです。

 

私たちができる事は、セロトニンを自分の体の中でしっかり作り出せるように、健康な体を作る事です。

その為には、普段から規則正しい生活リズムで生活するという事。それから、セロトニンの元となる栄養成分・アミノ酸などをバランス食事に取り入れる事が大切です。

 

セロトニンを増やす為に必要なこと

 

  • 規則正しい生活のリズム
  • バランスの良い食生活
  • 毎日の運動を心掛ける
セロトニンを脳の中で増やすには、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸と、ビタミンB6などの栄養成分が材料になると考えられています。

こういった材料となる物質を摂取するだけではなく、運動や朝日を浴びたりする事もセロトニンを増やす為には重要な要素なのです。

 

神経伝達物質としての影響を与える

セロトニン神経から作り出された脳内物質、セロトニンは、脳の広い範囲に影響を与えていきます。

それは、怒りや喜び、不安や悲しみなどの感情を作り出す大脳皮質大脳辺縁系などにも届き、影響を与えます。

 

セロトニンは、正確には神経伝達物質と呼ばれる脳内物質です。脳のほとんどの神経間に情報を伝達させることによって、脳が活性化したり、逆に過度な興奮を抑制する、ブレーキのような役割を果たしてくれるのです。

 

セロトニンの役割

 

逆で考えてみると、セロトニンが増やせなければ脳の様々な神経細胞はうまく機能しません。快活な気分が作り出されずに、不安や憂鬱な気分に悩まされる原因になるのです。
これが、不安神経症やうつ病の根本原因のひとつなのです。

 

脳を覚醒させる働き

セロトニンは通常、朝起きた瞬間から脳の中で作り出される物質です。

眠っている間はセロトニンは作られず、朝起きると同時に増え始め、健康な人なら特に日中の時間に、盛んに脳の中を伝達されています。これによって、朝からすっきるとした目覚め感や、適度な興奮状態。活発で活動的なな気分を作り出してくれるのです。

 

生活習慣病やストレス、食生活の問題など、何らかの原因でセロトニン神経がうまく活動しないと、セロトニンを増やすこともできません

朝からやる気が出ない、落ち込みがち、不安な症状に悩んでいるという方は、セロトニンが不足するような生活習慣に陥っていないか、今一度ご自身の生活習慣を見直してみましょう。
セロトニンを増やす努力を試してみると良いと思います。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら